cadfem-esocaet
Seite Drucken
Back
21.8.2019 : 11:00 : +0200

CAE技術スクール esocaet 概要

CAE教育スクールesocaet(The European School of Computer Aided Engineering Technology)は、欧州の産業界および大学のパートナーからの協力を得て、数値シミュレーション分野の柔軟かつ革新的な教育を提供することにより、高まるCAE利用の需要に応えるために、CADFEM GmbHによって2003年に設立されました。

修士課程

この定時制修士課程プログラムは、CAE分野で既に仕事をされているか、あるいは今後CAEを利用する分野で働きたいと希望する、経験のある技術者のために構成されており、全てのプログラムが実践志向の強いものとなっています。選ばれた大学における整った環境のもとで、少人数制のeラーニングも含めた授業が提供され、参加者は多くの大学や産業界からの名高い講師陣とともに最新のCAEに触れることができます。履修課程は各モジュールに分けられています。応用問題を重点的に採り上げながら、経営問題やソフト面の技能なども考慮に入れてCAEトピックに対して各種学問分野から統合的にアプローチしています。 また話題となっているCAE問題を扱う様々なオプション科目も用意しています。

<モジュール>

  • 数学
  • 工学における数値解法
  • 固体力学と 伝熱工学
  • 疲労と破壊力学
  • 計算力学
  • 非線形計算力学
  • 複合物理の基礎
  • 応用解析技術
  • 経営スキルとプロセス
  • 製品開発と製造プロセスの管理
  • 会議を伴う修士論文

企業にとってのesocaet

企業の成功は、そこで働く社員のノウハウにかかっています。そして日々進化を遂げる多様な技術は、社員に対しての継続的な教育の必要性を高めています。しっかりとした教育管理を行っている企業の社員が、モチベーションが高く会社への貢献度が大きいことはよく知られているところです。
コースの参加者は重要な基礎を学習し最新の専門家のノウハウを学びとることができます。また全てのコースでアプリケーションを重点的にとりあげているため、意思決定能力や経済的局面を考慮する習慣も身につけることが可能です。そしてCAEのトレーニングによって、技術者は幅広い問題を短時間で解決し高額なコンサルタントを必要とせずに複雑なモデルを解析できるようになります。

参加者にとってのesocaet

現在、企業で仕事をしている多くの技術者が、そのキャリアを中断することなく専門性や新しいスキルを身につけたいと考えています。esocaetは、このような企業の技術者に対し、現在の仕事をそのまま続けながら、CAE分野の最新技術を学習し、修士課程の単位を取ることができるという点が最大の特徴です。